プロ野球のフリーエージェント(FA)有資格者が権利行使できる手続き期間が26日、始まった。海外FAの資格を得たロッテの沢村拓一投手に米大リーグ移籍の可能性があり、動向が注目される。

 国内FAの資格を取得した中日の大野雄大投手、ヤクルトの山田哲人内野手と石山泰稚投手は権利を行使せず残留することを決めた。今季最多セーブに輝いた西武の増田達至投手やヤクルトの小川泰弘投手、DeNA梶谷隆幸外野手、井納翔一投手は国内FA権を行使する可能性がある。梶谷、井納には巨人が関心を示しており、ヤクルトも井納獲得に動くとみられる。