DeNAの育成を含む新人の全8選手が20日、東京都内のDeNA本社を訪問し、南場智子オーナーから激励を受けた。名刺交換をした後の講義では工夫することの大切さや、ファンの存在の大きさについて話を聞き、ドラフト1位の入江大生投手(明大)は「全力プレーがファンの方に伝わるようにやっていきたい」と気持ちを新たにした。

 南場オーナーは「思い切り暴れてほしい。はつらつと頑張ってほしい」と活躍を期待。沖縄県知事からの要請を受け、2月のキャンプは無観客で始まることが決まり「異例な形でプロのキャリアがスタートするが、ファンの存在を忘れず頑張ってほしい」と注文した。