ハンドボール男子の世界選手権は25日、カイロで2次リーグ最終戦が行われ、2組の日本はバーレーンに29―25で勝って通算1勝1分け3敗の同組5位、出場32チーム中19位で大会を終えた。

 吉野や渡部(ともにトヨタ車体)が得点を重ねて19―12で折り返し、追い上げをかわした。

 今夏の東京五輪に開催国枠で出場する日本は今大会、1次リーグ初戦で強豪クロアチアと引き分けるなどし、1997年の熊本大会以来、24年ぶり2度目の1次リーグ突破を果たした。(共同)