東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都、政府、IOC、国際パラリンピック委員会による5者会談が、3月3日の実施で調整されていることが26日、分かった。焦点となる海外からの観客受け入れと観客数の上限について、判断のスケジュールを確認する見通し。海外からの一般観客の受け入れについては、世界各地で感染が収まっていない現状では困難だとして、関係機関で見送り論が強まっている。

 複数の関係者によると、観客に関する判断は2段階を想定。3月25日の聖火リレー開始に先立つ時期に、関係機関で協議の場を持ち、まず海外からの観客受け入れ可否について決めることを検討している。