卓球Tリーグのプレーオフ・ファイナル最終日は27日、東京都のアリーナ立川立飛で女子が行われ、レギュラーシーズン2位の日本生命が同1位の神奈川を3―2で破り、リーグ創設1季目から3連覇を達成した。神奈川は3季連続で2位。

 日本生命は第1試合のダブルスで平野、前田組が浜本、長崎組に2―1で勝利したが、シングルスは森が石川に1―3、早田が木村に1―3と連敗。後がない第4試合で平野が長崎を3―2で退けた。1ゲーム先取の最終第5試合は早田が木村との再戦を12―10で制して、頂点に立った。今季の最優秀選手(MVP)には日本生命の早田が選ばれた。