「事件後は眠れなかった」 バス爆発公判で香川選手

「事件後は眠れなかった」 バス爆発公判で香川選手

 【ドルトムント共同】ドイツ西部ドルトムントの裁判所で25日、昨年4月にサッカー1部リーグのドルトムントの香川真司選手(29)らが乗ったバス付近で爆発物を爆発させたとして殺人未遂などの罪に問われた男(28)の公判が開かれた。香川選手が証人として出廷し「怖かった。1、2週間は眠りにつくのが難しかった」と振り返った。

 黒っぽいスーツ姿の香川選手は通訳を通じ「(負傷した同僚選手が)大声を出しているのが聞こえて顔を見ると真っ青だった」と語った。事件後しばらくは、車の運転やバスでの移動の際に「恐怖心を感じることがあった」という。

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索