ガザ衝突、調査要求拡大 60人超死亡、虐殺か防衛か

ガザ衝突、調査要求拡大 60人超死亡、虐殺か防衛か

 【エルサレム共同】パレスチナ自治区ガザで14〜15日、在イスラエル米大使館のエルサレム移転などに抗議するデモの参加者60人超がイスラエル軍との衝突で死亡し、国際社会で「独立した透明性のある調査」を求める声が拡大している。「虐殺」と非難するパレスチナに「自国防衛」と反論するイスラエル。責任の所在はどこにあるのか。

 ガザのデモではパレスチナ人62人が死亡、2700人以上が負傷した。デモ隊の一部がイスラエルとの境界にあるフェンスを壊し、突破を図ったため、イスラエル軍がゴム弾に加え実弾を使って排除したことが犠牲者増につながったとされる。

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索