正恩氏側近、親書伝達も 6.12米朝会談へ前進

正恩氏側近、親書伝達も 6.12米朝会談へ前進

 【ニューヨーク共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の側近、金英哲党副委員長とポンペオ米国務長官は31日、米ニューヨークで2日間の協議を終えた。国務省当局者は米朝首脳会談実現に向けて「前進があった」と述べた。トランプ大統領もこれに先立ち、記者団に「非常にうまくいっている」と述べ、首脳会談が「6月12日に行われると期待している」と表明。北朝鮮代表団が正恩氏の親書を持って6月1日にワシントンを訪れるとの見通しを示した。

 協議で非核化の進め方と、北朝鮮が見返りに望む体制保証を巡り大筋で合意できるかが焦点。トランプ氏は「親書の内容を楽しみにしている」と強調した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索