イラン首都市場で抗議デモ 米核合意離脱が影響か

 【イスタンブール共同】イランの首都テヘランのバザール(市場)で24、25両日、国内不況や通貨価値の記録的下落に端を発した抗議デモが発生した。イラン学生通信が報じた。5月上旬のトランプ米政権によるイラン核合意離脱表明が背景にあるとみられる。

 治安部隊との衝突など重大な事態には発展していないが、イランでは昨年末にも生活苦が発端となった反政府デモが全土に拡大し参加者23人が死亡しており、当局が警戒している。

 抗議デモは24日に携帯電話販売店が集まるバザールで、25日には下町の市内最大のバザールで、それぞれ起きた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索