カワウソ密輸、日本向けが最多 東南アジアで摘発、32匹保護

カワウソ密輸、日本向けが最多 東南アジアで摘発、32匹保護

 ワシントン条約で国際取引が規制されているカワウソを東南アジアから密輸しようとして摘発されるケースが相次ぎ、2015〜17年に保護された59匹のうち日本向けが32匹と最多だったことが、国際的な野生生物取引監視団体「トラフィック」の調査で16日までに分かった。

 日本国内では近年、ペットとみられるカワウソの動画がインターネットに投稿されたり、触れることができるカフェが登場したりしている。日本向けの摘発は17年に集中し、トラフィックは「人気の高まりを背景にした需要増加が、密猟や違法取引を誘発している恐れがある」として規制強化を訴えている。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索