国際生物学五輪で銀2銅2 イランで開催

 文部科学省は23日、イランで開かれた国際生物学オリンピックで、日本代表の高校生4人が銀メダル2個と銅メダル2個を獲得したと発表した。

 銀メダルは筑波大付属駒場高(東京都)2年の石田廉さん(16)と、灘高(兵庫県)2年の鳥羽重孝さん(17)。銅メダルは東京都立西高3年の鈴木万純さん(17)と、桜蔭高(東京都)1年の浜笙子さん(15)。

 今回の大会には71の国と地域から269人が参加した。日本は2005年に参加を始め、今回が14回目。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索