台湾の総統入店で不買運動 中国、ネットで呼び掛け

台湾の総統入店で不買運動 中国、ネットで呼び掛け

 【台北共同】中南米を外遊中の台湾の蔡英文総統が12日に経由地の米西部ロサンゼルスで台湾系のカフェチェーン「85℃」に立ち寄ったところ、蔡総統率いる台湾独立志向の与党、民主進歩党(民進党)政権に反発する中国のネットユーザーが不買運動を呼び掛ける事態になった。中央通信社が15日報じた。

 蔡総統が立ち寄ってコーヒーを購入したことが報じられると、中国の短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」で「台湾独立派企業だ」として非難や不買運動の書き込みが相次いだ。

 グルメマスター社が運営する「85℃」は中国内で約590店舗。米国、香港などにも展開し、店舗数は計千店舗を超える。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索