仏元首相がスペインで出馬へ 来年5月、バルセロナ市長目指し

仏元首相がスペインで出馬へ 来年5月、バルセロナ市長目指し

 【パリ共同】フランスのオランド前社会党政権で首相を務めたマニュエル・バルス氏(56)は25日、バルセロナで記者会見し、来年5月のスペイン統一地方選でバルセロナ市長を目指して立候補すると発表した。

 現在はフランス国籍のバルス氏は、父親がスペイン人でバルセロナ生まれ。昨年のフランス大統領選に向けた社会党予備選で敗れ、本選ではマクロン氏(現大統領)を支持したが、その後の下院選で大統領派の新党に公認を拒否された。下院議員に当選したものの、新たな政治的活路を見いだす必要があったとみられている。

 バルス氏はバルセロナを州都とするカタルーニャ自治州の独立に反対の立場。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索