中国が「地下教会」弾圧かと懸念 バチカンとの合意で香港枢機卿

中国が「地下教会」弾圧かと懸念 バチカンとの合意で香港枢機卿

 【香港共同】カトリック教会香港教区の元司教、陳日君枢機卿(86)は26日、キリスト教カトリックの総本山バチカン(ローマ法王庁)が中国と司教任命権問題で暫定合意したことについて、中国が合意を利用して政府非公認の「地下教会」をさらに弾圧しようとしていると指摘。信者らは合意に傷つき裏切られたと感じていると述べた。共同通信など一部メディアの取材に答えた。

 習近平指導部は宗教が反体制活動につながることを警戒、地下教会を閉鎖するなど締め付けを強めている。陳枢機卿は「長年苦しみを受けながら法王に忠誠を誓ってきた信者たちのバチカンへの信頼を合意は失わせた」と批判した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索