日本からの漂流ごみに不満 米大統領、対抗措置に言及

日本からの漂流ごみに不満 米大統領、対抗措置に言及

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は11日、日本や中国から米西海岸に漂着するごみが膨大な量に上り、米国が処理を強いられるのは「不公平だ」と不満を示し、対抗措置を取る考えを表明した。ホワイトハウスで開かれた関連法署名式典で記者団に語った。

 トランプ氏は「日本や中国を含む世界の多くの国から漂着するごみが毎年800万トンに上り、米国の美しい海を汚している」と指摘し「大半の国に対し、責任があると非常に強く伝えた」と述べた。費用負担要求が念頭にある可能性がある。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索