パーキンソン病患者にiPS移植 脳に神経細胞、京大が世界初治験

パーキンソン病患者にiPS移植 脳に神経細胞、京大が世界初治験

 京都大の高橋淳教授らのチームは9日、人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から神経細胞を作り、パーキンソン病患者の脳内に移植する治験の1例目を50代の男性患者に実施したと発表した。iPS細胞を使った再生医療はさまざまな疾患で計画され、京大によると、パーキンソン病での治験は世界初。将来的な保険適用を目指す。

 iPS細胞の患者への利用は、目の難病患者の網膜を再生する理化学研究所のケースに次ぐ。

 チームは記者会見で「移植した細胞が腫瘍化しないかが一番大事だ」と強調し、計約2年半経過観察するとした。術後の状態は良好という。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索