元最高裁判事の逮捕状棄却 韓国の徴用工訴訟遅延疑惑

元最高裁判事の逮捕状棄却 韓国の徴用工訴訟遅延疑惑

 【ソウル共同】韓国の朴槿恵前政権期に韓国最高裁の所属機関「法院行政所」が元徴用工の民事訴訟の進行を遅らせた疑惑で、ソウル中央地裁は、行政所の所長を務めた元最高裁判事2人に対する職権乱用などの容疑の逮捕状の請求をいずれも棄却した。韓国メディアが7日伝えた。検察は梁承泰・前最高裁長官の関与にも注目し聴取を検討していたが、これにも影響しそうだ。

 訴訟進行の遅延疑惑は日韓関係の悪化を危ぶむ朴前政権の意向をくんで行われたとされる。

 聯合ニュースによると検察は、元最高裁判事2人の逮捕状が発付された場合、早ければ今月中旬にも梁前長官の聴取を検討していた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索