日本製品購入呼び掛け解雇、中国 南京追悼日に

 【北京共同】中国メディアは14日、旧日本軍の中国・南京占領から81年となった13日に日本製品の購入を呼び掛けた女性が「不謹慎」などと非難を受け、会社を解雇されたと伝えた。インターネット上には会社の対応を支持するコメントが相次いで書き込まれている。

 報道によると、女性は南京市民らが犠牲者を追悼する時間帯に、会員制交流サイト(SNS)に「皆が黙とうしてびっくり。日本製品を買って落ち着いたら」と投稿。書き込みはネット上で「死者への侮辱」などと批判され、身元や勤務先を特定する動きが広がった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索