大統領の偽証指示疑惑を調査 米議会「事実なら犯罪」

大統領の偽証指示疑惑を調査 米議会「事実なら犯罪」

 【ワシントン共同】米下院情報特別委員会と司法委員会の委員長は18日、トランプ大統領が、自ら経営していた企業のロシア事業を巡り元顧問弁護士コーエン被告に米議会での偽証を指示したと報じられた問題を議会で調査すると発表した。ナドラー司法委員長は「議会での偽証を指示するのは犯罪だ」と強調、シフ情報特別委員長は「偽証教唆罪や司法妨害罪に当たる」と指摘した。

 下院の委員長はいずれも政権と対立する民主党の議員が務めており、問題を徹底追及する構えだ。民主党内ではトランプ氏を弾劾訴追すべきだとの意見も相次いでいる。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索