メキシコの爆発、死者66人 「悲劇」と大統領、被害拡大も

メキシコの爆発、死者66人 「悲劇」と大統領、被害拡大も

 【ロサンゼルス共同】メキシコ中部イダルゴ州トラウエリルパンで18日発生したパイプラインの爆発は、約5時間後に鎮火した。同州知事は19日、死者が66人、負傷者が76人に達したと明らかにした。19日未明に現地入りしたロペスオブラドール大統領は記者団に「悲劇だ」と述べた。

 現場には爆発当時、数百人がいたとされ、死傷者が増える可能性がある。AP通信によると、行方不明者は85人以上。

 在メキシコ日本大使館によると、日本人が巻き込まれたとの情報はない。

 当局は住民らが地中のパイプラインに穴を開け、ガソリンを違法に抜き取っていたところ引火したとみて調べている。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索