米軍がソマリア空爆で52人殺害 過激派アルシャバーブ掃討

 【ナイロビ共同】米軍は19日、ソマリアの中部ジュバ州でイスラム過激派アルシャバーブの拠点を空爆し、戦闘員52人を殺害した。アルシャバーブがソマリア軍を襲撃したことへの報復という。米アフリカ軍司令部が発表した。民間人の巻き添えは確認されていないとしている。

 アルシャバーブによるソマリア軍襲撃について、米軍は死者数などを明らかにしていない。一方、アルシャバーブは南部のキスマユ付近でソマリア軍を襲い「兵士41人以上を殺害した」と主張している。

 米軍はトランプ政権下でアルシャバーブ掃討作戦を強化し、AP通信によると、昨年1年間で少なくとも47回空爆を実施した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索