事故の英殿下、また運転 ベルトなしで警察が注意

 【ロンドン共同】英東部にある英王室の御用邸近くで17日に車の事故を起こした、エリザベス女王(92)の夫フィリップ殿下(97)が、別の車を1人で運転している姿が19日、目撃された。英メディアが伝えた。殿下はシートベルトをしておらず、警察から注意を受けたという。

 英メディアによると、英国では70歳以上のドライバーは3年ごとに免許証の更新が必要だが、運転のテストや健康診断を受けることはないという。英王室は「殿下は免許証を取得し、当局の手続きに従っている」と説明したが、インターネット上では97歳と高齢の殿下の運転をやめさせるべきだとの意見も出ている。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索