東大病院で心臓手術後に男性死亡 医療事故調査機関に報告

東大病院で心臓手術後に男性死亡 医療事故調査機関に報告

 東大病院で昨年9月に心臓手術を受けた都内の男性=当時(41)=が、手術後の10月に死亡し、東大病院が、医療事故調査をする日本医療安全調査機構に報告したことが24日分かった。手術では保険適用されて間もない医療機器を使う予定だったが手術中に断念していた。東京都も立ち入り検査し、安全が確認できるまで同手術を中止するよう指導した。

 東大病院によると、男性は拡張型心筋症で、心臓の弁がうまく働かない僧帽弁閉鎖不全症も起こしていた。昨年4月保険適用された医療機器「マイトラクリップ」を使って弁を治療しようとしたが、心臓の壁に器具を刺すことがうまくできず、中止された。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索