32年五輪、ソウルに招致へ 韓国、南北共催目指す

 【ソウル共同】北朝鮮と2032年夏季五輪の共催を目指している韓国の大韓体育会は12日までに、韓国側の開催招致都市を首都ソウルとすることを決めた。南部・釜山も開催に名乗りを上げていたが、大韓体育会が実施した11日の選定投票で敗れた。招致が実現すれば1988年のソウル五輪以来、2回目となる。

 北朝鮮側の開催招致都市は首都平壌が有力視されている。

 韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は昨年9月の南北首脳会談で、2020年東京五輪への合同出場や、32年夏季五輪の共催実現に向けた協力で一致した。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索