ナウアート氏が米国連大使を辞退 国務省報道官

ナウアート氏が米国連大使を辞退 国務省報道官

 【ワシントン共同】米国務省は16日、トランプ大統領が昨年12月、年末で退任したニッキー・ヘイリー前国連大使(47)の後任として起用することを決めていたヘザー・ナウアート国務省報道官(49)が指名を辞退したと発表した。

 一部の米メディアによると、ナウアート夫妻が雇っていた移民のベビーシッターが米国で労働許可を得ていなかったことが判明。トランプ政権が厳格な移民対策を推進する中、上院で人事が承認されない可能性が出たためという。

 国務省の声明によると、ナウアート氏は「この2カ月間、家族はへとへとに疲れた。家族のために辞退する」と理由を説明した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索