群馬で6歳未満男児が脳死 10例目、東北大などで移植

 日本臓器移植ネットワークは17日、群馬県内の病院に脳症で入院していた6歳未満の男児が16日午後11時5分、臓器移植法に基づく脳死と判定されたと発表した。家族が臓器提供を承諾した。6歳未満の脳死の公表は10例目で、法的脳死は582例目。

 心臓は東京大病院で10歳未満の女児、肺は東北大病院で10歳未満の女児、肝臓は国立成育医療研究センター(東京)で10歳未満の女児、腎臓は東邦大医療センター大森病院(東京)で10代男性にそれぞれ移植。膵臓は医学的理由で断念し、小腸は該当者がいなかった。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索