フィリピンではしか猛威 136人死亡、拡大懸念

フィリピンではしか猛威 136人死亡、拡大懸念

 【マニラ共同】フィリピンではしかが猛威を振るい、保健省によると今年に入って136人が死亡、約8400人の発症が確認された。はしかは感染力が極めて強く、日本でも患者数が急増中。フィリピンから日本に帰国後に感染が判明したケースもあり、拡大が懸念される。

 保健省によると、1月1日〜今月9日で70人が死亡、約4300人の感染を確認していたが、16日時点での集計でほぼ倍増した。死者の多くは4歳未満の子どもという。

 首都マニラがある北部ルソン島での感染例が目立っていたが、中部のビサヤ地方、南部ミンダナオ島にも広がっており、保健省は監視体制を強化している。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索