トランプ氏へのノーベル賞不適当 韓国亡命の元北朝鮮公使

トランプ氏へのノーベル賞不適当 韓国亡命の元北朝鮮公使

 【ソウル共同】韓国に亡命した北朝鮮の元駐英公使、太永浩氏は19日、トランプ米大統領が安倍晋三首相からノーベル平和賞候補に推薦されたと暴露したことに関し「(授賞は)北朝鮮の核の脅威が完全になくなった時に議論されるべきだ」とし北朝鮮の非核化が実現していない現段階での授与は不適当との見方を示した。ソウルで記者会見して述べた。

 トランプ氏は北朝鮮による核実験やミサイル発射が止まったと自身の功績をアピールしている。しかし太氏は現在の状況は北朝鮮が核を手放していない「核のある平和」だと皮肉り、そういう状態を生んだだけの人物への授賞は「賞の原則に合わない」と語った。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索