ウクライナ、欧州統合の道を選択 国家安保会議書記が見解示す

ウクライナ、欧州統合の道を選択 国家安保会議書記が見解示す

 親ロシア政権が崩壊した2014年2月のウクライナ政変から5年。ウクライナのトゥルチノフ国家安全保障防衛会議書記は21日までに共同通信と会見し、政変を機に同国が「ロシアによる侵略戦争を耐え抜き、欧州統合への道を選択した」との見解を示した。

 ウクライナでは13年に親ロシアのヤヌコビッチ大統領が欧州連合(EU)との連合協定締結を先送りし、首都キエフで抗議行動が起きた。14年2月に治安部隊との衝突でデモ隊の100人超が死亡、同月22日にヤヌコビッチ氏が逃亡し政権が崩壊した。当時最高会議(議会)議長のトゥルチノフ氏は大統領代行に選出され、難局への対応に当たった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索