インドでまた密造酒で死者 茶畑の労働者35人

 【ニューデリー共同】インド北東部アッサム州で21日夜に密造酒を飲んだとみられる住民らが相次いで病院に搬送され、インドメディアによると、22日までに少なくとも35人が死亡した。50人以上が治療を受けている。同国では北部の2州でも今月、密造酒で住民ら少なくとも70人が死亡している。

 報道によると、アッサム州の死者のほとんどが茶畑の労働者。酒には有毒なメチルアルコールが使われていた可能性があるという。

 インドでは安価な密造酒を飲んで死亡する人が後を絶たない。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索