ナイジェリアで大統領選 与野党接戦、治安悪化も

ナイジェリアで大統領選 与野党接戦、治安悪化も

 【ナイロビ共同】アフリカの経済大国ナイジェリアで23日、ブハリ大統領(76)の1期目の任期満了に伴う大統領選の投票が行われた。約70人が出馬したが、再選を目指すブハリ氏と野党候補のアブバカル元副大統領(72)の事実上の一騎打ち。接戦が予想され、大勢判明に数日かかる見通し。

 投票は16日に予定されていたが、選挙管理委員会は準備不足を理由に延期していた。両陣営による有権者の買収や票の不正操作が懸念されるほか、敗北候補の支持者が反発し治安が悪化する恐れもある。

 元軍高官のブハリ氏は、2015年大統領選でイスラム過激派ボコ・ハラムの掃討を掲げ勝利した。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索