英、6月末まで離脱延期要請 合意案可決が必要とEU

英、6月末まで離脱延期要請 合意案可決が必要とEU

 【ロンドン、ブリュッセル共同】英国の欧州連合(EU)からの離脱期日が29日に迫る中、英国のメイ首相は20日の下院討論で、EUに対し、6月30日まで離脱期日を延期するよう要請したことを明らかにした。延期にはEU側の承認が必要で、EUは21、22日の首脳会議で対応を協議する。EUのトゥスク大統領は20日、英国の離脱期日を短期間延長するには、英下院での離脱合意案可決が必要との声明を発表した。

 EUのユンケル欧州委員長は20日、メイ氏との電話会談で、欧州議会選が始まる「5月23日以前に離脱を完了しなければならない」と警告した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索