マララさん、国際女性会議に出席 「途上国女性に技術の恩恵を」

マララさん、国際女性会議に出席 「途上国女性に技術の恩恵を」

 東京都内で開催中の国際女性会議「WAW!」に出席したノーベル平和賞受賞者マララ・ユスフザイさん(21)は23日、発展途上国の女性らが人工知能(AI)などの先端技術の恩恵を受けられていないとされる問題について「誰もが平等に権利を行使できる社会を目指すべきだ」と訴えた。

 技術革新と人材育成がテーマのパネルディスカッションで語った。先端技術を利用できれば「難民キャンプにいても教育や情報へのアクセスが可能になる」と指摘し、各国政府に技術の普及に向けた取り組みを推進するよう求めた。

 自身が創設した、紛争地での女子教育を支援する「マララ基金」の活動も紹介した。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索