米大統領、イスラエル主権署名へ ゴラン高原、25日の首脳会談で

 【エルサレム共同】イスラエルのカッツ外相代理は24日、トランプ米大統領が25日の米イスラエル首脳会談で、イスラエルがシリアから奪った占領地ゴラン高原のイスラエルの主権を認める文書に署名するとの見込みを示した。ツイッターで「イスラエルと米国の絆はより強固になる」と訴えた。

 トランプ氏は21日、ゴラン高原について「米国がイスラエルの主権を完全に認める時だ」とツイッターで表明していた。イスラエルの主権は国際的に認められておらず、実際に文書に署名すればシリアなどが反発を強めるのは必至だ。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索