米、イスラエル占領地の主権承認 政策転換、ゴラン高原

米、イスラエル占領地の主権承認 政策転換、ゴラン高原

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は25日、ホワイトハウスで、イスラエルが1967年の第3次中東戦争でシリアから奪った占領地ゴラン高原のイスラエル主権を承認する文書に署名した。米国の中東政策の転換となり、立ち会ったイスラエルのネタニヤフ首相は「まさに歴史的な日だ」と称賛した。

 トランプ氏は来年の米大統領選をにらみ親イスラエル色を鮮明にし、支持層に訴える狙いがあるが、国際的に承認されていないイスラエルの主権を認めたことで中東情勢が一層緊張する懸念が強まっている。

 シリア外務省当局者は、承認により「米国はアラブ諸国の最大の敵となった」と猛反発した。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索