マイケルさんの壁画、撤去論争に 少年虐待疑惑で、NY「名所」

マイケルさんの壁画、撤去論争に 少年虐待疑惑で、NY「名所」

 【ニューヨーク共同】米ニューヨークの建物に描かれた人気歌手マイケル・ジャクソンさん=2009年死去=の壁画を巡り、論争が広がっている。最近公開されたドキュメンタリーがジャクソンさんによる少年への性的虐待を告発したことを受けて、撤去を求める声が上がる一方、芸術とは無関係との擁護派が壁画の維持を主張して対立している。

 マンハッタン南部イーストビレッジの壁画は、ブラジル人アーティストのエドゥアルド・コブラ氏が昨年7月に制作。ビルの壁にジャクソンさんの幼少期と大人になってからの顔を対比させ、「成長の変遷」を浮かび上がらせた。近隣住民からは「名所」とされていた。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索