韓国高裁、日韓の「信頼損ねる」 関係に配慮、合意記録公開訴訟で

 【ソウル共同】2015年の従軍慰安婦問題を巡る日韓合意の交渉記録の一部公開を、韓国の弁護士が政府に求めた訴訟で、開示を命じた一審判決を取り消す判決を言い渡したソウル高裁は18日、判決理由で「公開すれば、日本との信頼関係を損ねる」と指摘した。

 日本との関係の重要性に配慮した形で、国民の知る権利に重きを置いた一審とは対照的な判断となった。

 高裁は「わが国と日本は緊密な関係を維持する必要がある中、公開すれば、信頼関係を損ねる。政府の外交交渉力も弱くなる。日本が今後交渉に積極的に応じなくなる可能性もある」と指摘した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索