フランスの黄ベストデモ23週目 寺院修復優先に反発も

フランスの黄ベストデモ23週目 寺院修復優先に反発も

 【パリ共同】フランス政府に抗議する黄色いベスト運動のデモが20日、23週連続で行われた。ロイター通信などによると、経済格差に不満を募らす低中所得層が中心とされるデモ隊の一部は、火災に見舞われたノートルダム寺院(大聖堂)の修復に巨額の寄付が集まる一方で、自分たちは後回しにされたままだとして反発した。

 内務省の集計などによると、全国で約2万7900人がデモに参加。パリでは一部が警官隊に石を投げたり、路上のバイクや自動車に放火したりしたため、警察は催涙ガスやスタンガンで排除を図った。当局は全国で約250人の抗議者らを拘束した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索