認知症巡り「官民協議会」設立式 都内で当事者ら100団体

認知症巡り「官民協議会」設立式 都内で当事者ら100団体

 認知症の人が住み慣れた地域で安心して暮らせる社会にするため、政府や当事者団体、経済団体など約100の団体・機関でつくる「日本認知症官民協議会」が22日、東京都内で設立式を開いた。協議会の下にテーマごとのワーキンググループを設けて具体的な課題を議論し、施策や民間の取り組みに反映させたい考え。

 根本匠厚生労働相は「認知症バリアフリーの取り組みを日本中、世界中で進めていけるようご協力願いたい」とあいさつした。協議会に参加する日本認知症本人ワーキンググループ(東京)の代表理事の藤田和子さん(57)は昨年まとめた「認知症とともに生きる希望宣言」を紹介した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索