米、産業スパイで中国人ら起訴 電機大手GEから技術盗む

 【ワシントン共同】米司法省は23日、中国政府のために米電機大手ゼネラル・エレクトリック(GE)から企業秘密を盗んだとして、産業スパイなどの罪でGE元社員の中国系米国人の男(56)と親類の中国人の男(47)を連邦大陪審が起訴したと発表した。

 起訴状によると、中国系米国人の男が発電機などに使われるタービンの技術情報を盗み、中国在住の親類にメールで送っていた。2人は中国政府から金銭的な支援を受け、中国企業が使うために情報を盗んだという。

 米司法省はスパイ活動で中国の企業や関係者を相次いで訴追している。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索