薬の「護衛」高分子開発 がんへ分解されず届ける

 がんの遺伝子の働きを抑える薬を、血液中で分解されないよう護衛しながらがん細胞へ確実に届ける高分子を開発したと、東京大の片岡一則特任教授らのチームが24日、英科学誌ネイチャーコミュニケーションズに発表した。マウスの実験で治療効果を確認、年内にも乳がんを対象に臨床試験(治験)を始める考え。

 開発した高分子は、薬に結合する部分と、薬を分解してしまう血液中の酵素を寄せ付けない枝のような部分からなる。約20ナノメートル(ナノは10億分の1)と小さいため、血流に乗ってがん組織にたどり着くと、血管の壁の隙間から抜け出し、がん細胞に薬を届ける仕組み。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索