仏デモ半年、規模縮小 政治的影響力消える

仏デモ半年、規模縮小 政治的影響力消える

 【パリ共同】フランスでマクロン政権に抗議する黄色いベスト運動のデモが18日、27週連続で行われた。内務省によると、全国の参加者は約1万5500人。昨年11月に約28万人が参加した初の一斉デモが行われてから半年が経過したが、参加者は3週連続で最少を更新した。

 マクロン大統領は17日「私はこの運動に対して既に答えを示した。(デモに)政治的将来はない」と述べ、26日に投票が行われる欧州連合(EU)欧州議会選での投票を促した。

 パリでは18日も引き続きシャンゼリゼ通りなどでのデモは禁じられた。参加者は前週の約1200人から約1600人に増加した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索