米高校銃乱射の記録映画が完成 在米の日本人女性が初監督

米高校銃乱射の記録映画が完成 在米の日本人女性が初監督

 【ニューヨーク共同】在米の日本人女性が監督を務めた米高校銃乱射事件のドキュメンタリー映画がこのほど完成した。事件後、絶望から立ち上がろうとする生徒や遺族の心情を丁寧に描いた作品。4月下旬の初上映には出演した生徒らも駆け付け、観客の大きな拍手を浴びた。

 この女性は東京都出身で大学から米在住の田口恵美里さん。現在は米テレビ局の報道プロデューサーなどをしており、昨年2月に南部フロリダ州の高校で生徒14人を含む17人が死亡した乱射事件を、初監督映画「アフター・パークランド」にまとめた。

 ニューヨークのトライベッカ映画祭での初上映後、観客はほぼ総立ちになった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索