東京、50年までにCO2ゼロへ 国際会議で小池知事が目標表明

 東京都の小池百合子知事は21日、都内で開いた国際会議で「2050年までに都内の二酸化炭素(CO2)の排出量を実質ゼロにする」との目標を明らかにした。12月をめどに実現に向けた戦略を策定する。

 ベルリンやパリなど世界の主要26都市で気候変動や社会問題を議論する「Urban 20(U20) メイヤーズ・サミット」での発言。政府は温暖化防止のための枠組み「パリ協定」に基づき、50年までに排出量の80%削減を掲げており、国に先んじた目標を打ち出す。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索