北朝鮮制裁、安保理が対応 船押収巡り国連報道官

北朝鮮制裁、安保理が対応 船押収巡り国連報道官

 【ニューヨーク共同】米国が北朝鮮の大型貨物船を差し押さえた問題で、国連のドゥジャリク事務総長報道官は21日の定例会見で「(北朝鮮に対する)制裁履行の問題は安全保障理事会が決定し、協議する」と述べた。北朝鮮の金星国連大使はグテレス事務総長に「緊急措置」を求める書簡を17日に送ったが、安保理が対応するとの見方を示した形だ。

 金星氏は21日、貨物船「ワイズ・オネスト」の差し押さえは「新たな米朝関係樹立をうたった昨年6月の米朝首脳による共同声明の精神を全面否定するものだ」と非難。米国に対し「強奪行為が今後の成り行きに及ぼす結果について熟慮するべきだ」と警告した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索