日本は「小さい」の例え? ブラジル大統領に批判

日本は「小さい」の例え? ブラジル大統領に批判

 【サンパウロ共同】ブラジルの右翼ボルソナロ大統領は24日、自らが進める年金改革について、もし「日本の改革」に終わってしまうなら経済相は辞任しなければならないだろうと述べた。「小さい改革」という意味で用いており、現地では「日本に失礼だ」と批判の声も上がっている。

 発言は北東部ペトロリナを訪問中に飛び出し、記者団に真意を聞かれ「向こう(日本)では全てがミニチュアだ」と答えた。ブラジルのメディアによると、身体的特徴を指しているとみられる。昨年10月の大統領選で公約に掲げた年金改革は議会の抵抗に遭い、政府案が修正される可能性が出ている。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索