イラン外相、対米「自衛の用意」 イラクは会談で仲裁に意欲

イラン外相、対米「自衛の用意」 イラクは会談で仲裁に意欲

 【カイロ共同】イランのザリフ外相は26日、訪問先のイラクの首都バグダッドでハキム外相と会談した。イラクのメディアによると、緊張が高まる米イラン関係を巡り、ザリフ氏は共同記者会見で「イランはいかなる軍事的、経済的攻撃からも身を守る」と強調。ハキム氏は「イラクは仲裁する役割を担えるだろう」と述べた。

 イラクは米イラン両国と結び付きが深く、アブドルマハディ首相が21日、緊張緩和のため米イラン両国に特使を派遣すると発表していた。

 ザリフ氏は25日にバグダッドを訪問し、アブドルマハディ氏と会談した。


共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索