「イランは日本に敬意払わず」 タンカー攻撃関与とサウジが非難

 【カイロ共同】サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子は16日にアラブ紙が掲載したインタビューで、イラン沖ホルムズ海峡近くで起きた日本などのタンカー2隻への攻撃が安倍晋三首相の訪問中に発生したことを挙げながら「イランは日本の首相のテヘラン訪問に敬意を払っていない」と述べ、攻撃にイランが関与したとして強く非難した。

 インタビューはアラブ紙アッシャルク・アルアウサト(電子版)が伝えた。皇太子は「サウジは地域での戦争を望んではいない」としつつ「国民や国益への脅威に対処することはためらわない」と強調した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索