独仏蘭、慎重姿勢崩さず 東欧2国のEU加盟問題

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)は18日、ルクセンブルクで開いた閣僚理事会で東欧・西バルカンの北マケドニア、アルバニアと加盟交渉を始めるか否かを巡り一致せず、10月に結論を持ち越すと決めた。東欧諸国やイタリア、オーストリアは交渉入りを支持したが、ドイツ、フランス、オランダが慎重姿勢を崩さなかった。

 EUの行政執行機関、欧州委員会は先月、当該2国の内政改革などが進んだとして加盟国で組織する閣僚理に対し、早急な加盟交渉開始を勧告。しかし移民流入の懸念や両国の民主化の遅れ、汚職や組織犯罪の根強さを背景に、オランダ下院は交渉入りに反対。フランスも消極的だ。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索