汚染処理水の保管量修正、福島 実際は2千トン減

汚染処理水の保管量修正、福島 実際は2千トン減

 東京電力は27日、福島第1原発(廃炉作業中)で発生する放射性物質を含む高濃度汚染水を浄化処理した水(処理水)の保管量について、正確に算出した結果、従来公表していたより約2200トン少ない103万2千トン(5月23日時点)と修正した。

 全体で約970基ある貯蔵タンクのうち約800基で算出方法を誤り、実際より多い保管量を公表していた。保管量は変わらないため、タンクの数を減らすことはできない。第1原発敷地内ではタンクの設置場所が足りなくなりつつある。

 東電は週1回、処理水や汚染水の保管量を公表している。変更は7月16日公表分から反映する。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索